鈴木 典生 展

私たちは物質や空間、そして時間など、すべての存在との結びつきから成り立っています。石彫家 鈴木典生氏は、彫刻は精神が物質に宿る事を可能にする「器具」であると語ります。また同時に連鎖と変形を繰り返しながら自分の存在を明らかにする表現方法であり、生み出された作品こそが、他のすべての存在との結びつきを補足する一つの方法、それも直接的な方法であると考えています。

 

これまで作品発表の中心であった野外展示では、周囲の空間や環境を取り込む彫刻のあり方を探っていた氏ですが、今展覧会では、無機質とも言える画廊空間で展示されることで、不自然でありながら氏との関係性を確認するための石彫のあり方とその意味を見出したいと考えています。

今展覧会で発表する作品は作家自身が直面した事、している事、その場面の瞬間に感じ取った事を留め、日々の積み重ねによって導きだしたものを石という風化しにくい物質で表現しています。

皆様のお越しを心よりお待ちしております

               

いりや画廊代表 中村茂幸

 

 

 

 

鈴木 典生

 

 

1965/茨城県に生まれる

1988/第42回二紀展('90から’00)

1989/玉川大学芸術学科美術専攻卒業

1991/金沢美術工芸大学大学院修了        

1992/アートヒル三好ケ丘'92彫刻フェスタ(グランプリ)

1994/第6回現代日本具象彫刻展(千葉)

1996/アーチストキャンプ イン カサマ'96

1997/北緯40度石彫シンポジウム(岩手)

   第12回国民文化祭・かがわ '97「石のフェスティバル」

    (第12回国民文化祭庵治町牟礼町実行委員会会長賞)

   第2回雨引の里と彫刻(茨城)以後毎回

1998/第3回木内克大賞野外彫刻展(木内克大賞)

   那須野が原彫刻シンポジウムin大田原1998(栃木)

   '98日向現代彫刻展(宮崎)(`99,`02)

1999/'99宮崎現代彫刻・空港展(宮崎)(`01,`02`03,`04,`05,`06)

   拡兆する美術'99(つくば美術館 茨城)

2000/彫刻家たちのリトグラフ展(ギャラリーOM 横浜)

    第1回花と緑と彫刻展(茨城県フラワーパーク)

    第5回石のさとフェスティバル 石の彫刻国際シンポジウム(国内招待)

2001/西播磨国際彫刻シンポジウムIN KANZAKI(兵庫)

2002/うしく現代美術展(茨城)(`03,`14,`15)

        第3回印旛村野外芸術展INいには野(大賞)

   2005/現代美術の磁場(つくば美術館 茨城)

      つくば美術展-あるく座標-(茨城)

     2007/第22回現代日本彫刻展(宇部市)

      Art Session TUKUBA 2007展 磁場-地場(つくば市)(`09,`11,`13,`15)

   2009/Space+Future (GALLERY KINGYO)

      GALLERY KINGYO Small Works 2009(東京都)

      2010/北名古屋市モニュメントコンクール入選(北名古屋市)

      現代彫刻小品展(島根)(`12,`13,`16)

      2012/21世紀空間思考展(日本橋三越)(`13,`14,`15)

      2014/with H.W.D 女子美の石(ギャラリーせいほう)

       ときのあつまり(阪急梅田 美術画廊)

      2015/21世紀空間思考展(高島屋大阪店 ギャラリーNEXT)

      2016/壁11㎡の彫刻展(いりや画廊)

         プラット・フォルム展(ギャラリー青羅)

   2017/石彫の現況 2017 (現代彫刻美術館)

      with H.W.D 女子美の石(女子美術大学内JoshibiSPACE1900)

 

個展 1997/ 風童門(銀座)

   2003/ cafeteria  Casumi  (川崎)

   2005/ Takashi Saitoh Gallery(茨城)

   2008/ メタルアートミュージアム 光の谷(千葉)

       金沢市民芸術村(石川)

   2010/ 銀座女子美ギャラリー(銀座)

   2012/ あーとさろん きくち(茨城)

©️ 2017 GALLERY IRIYA

いりや画廊

​GALLERY IRIYA 

〒110-0014 東京都台東区北上野2-30-2

Tel/Fax 03-6802-8122

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon