ゼロ・ヒガシダ展 2013

[The Zoo Story]を始めとする、数々の作品で有名な米国人脚本家

Edward Albee氏が2006年に発刊したエッセイ本「Stretching My Mind」で、

ゼロ ヒガシダ氏の作品について「彼独特の地形学的で、かつ哲学的な

禅の要素含み、その存在感はかつて見た事の無い程、静かでありながらも

人々の心に強く響きわたる」「重力に関する彼の哲学は一般と真逆で

ありながらも、立体としての完璧なバランスのみならず、作品自体の評価も最高峰に到達するであろう」と絶賛しています。

 日本でも数少ない「国境を超えた彫刻家」として世界各国で精力的に

作品を発表するゼロ ヒガシダ氏。2013年度新制作協会で、数十年ぶりの

最高賞である「協会賞」受賞直後である今展では新作、大作を含めた壁面、床面作品数点を展示致します。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

いりや画廊代表 中村 茂幸

 

 

 

ゼロ・ヒガシダの「祈り」

 

 

 国立新美術館で開かれた、第77回新制作協会展の最高賞である協会賞に選ばれた作品『INORI Ⅱ』は、広島の平和への思いがこめられている作品で、ユニークな彫刻として高く評価された。

 1936年に画家の小磯良平氏らによって結成された新制作協会は、佐藤忠良氏、船越保武氏など日本を代表する彫刻家が参加し、戦後の日本美術界の礎(いしずえ)を築いた美術団体である。数十年ぶりの受賞作家としての誇りと自信を持って、益々世界で活躍し、新しい日本の美術、日本の心を世界に広める架け橋となって、よりいっそう奮起して頂きたい。              

                                                                    澄川 喜一

東京スカイツリーデザイン監修者

東京芸術大学名誉教授/ 新制作協会会員/ 

島根県芸術文化センター長横浜市芸術文化振興財団理事長 /

日本芸術院会員文化功労賞/ 中国文化賞受賞

 

 1984    日本大学芸術学部美術科 卒業  

 1986    東京藝術大学大学院修了、渡米  

 1988    New York Studio School 入学  

 1989-1990 

       Sooner or Later Edward Albee's Eye」ヒルウッド美術館、NY

 1991    フィリップ・スティーブ・ギャラリー、NY(個展) 

 1994    コロス・ギャラリー、NY (個展) 

 2005    ロバート・スティール・ギャラリー、NY (個展 )

 2006    グランド フォー スカラプチャー' NJ 

 2008    KAJIMA彫刻コンクール 金賞

 2013     新制作協会 協会賞

 2014  ゼロ・ヒガシダ展 広島県立美術館

    ゼロ・ヒガシダ展 いりや画廊

 2015  ゼロ・ヒガシダ展 ギャラリーせいほう

    ゼロ・ヒガシダ展 いりや画廊

​©️ 2017 GALLERY IRIYA

いりや画廊

​GALLERY IRIYA 

〒110-0014

東京都台東区北上野2-30-2

Tel/Fax 03-6802-8122

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon