「七曜7人展」開催のお知らせ

2017年12月10日(月)から12月22日(土)日休

11時30分から19時30分(最終日16時)

レセプション・ギャラリートーク12月14日 17時

 

赤沼潔 大隅秀雄 小野田勝謙 内藤友博 

平戸貢児 藤田政利  森田大初

北村真一(招待作家)小山祥吾(招待作家)

橋本夏夫(招待作家)本郷芳哉(招待作家

「七曜7人展」は、彫刻家原武典氏が創設した金属彫刻展です。7月7日を含む7日間を期間とするグループ展として2001年にスタートし、今回で17回目を迎えます。

昨年の原武典氏ご逝去に伴う脱退により、彫刻や工芸の垣根を越えてメンバーを一新し、常に表現の可能性を追求する事を目的に、新たな七曜7人展として氏の意志を引継ぐことになりました。

今展、再結成されたメンバーは、精力的に作品発表を続ける作家でありながら、同時に次世代の作家を導く教育者や指導者でもあります。其々の立場における、作品に対する自己責任と、研鑽の場としての作品発表こそ、彫刻家原武典氏から受け継いだ作家としての信念であり、この展覧会を継承する重要な意義であると考える7人です。

 今回より新メンバーに小野田勝謙氏と森田太初氏を迎え、また北村真一氏、小山祥吾氏、橋本夏夫氏、本郷芳哉氏が招待作家として参加致します。継続しながらも、向上を目指す各作家の新作や大作を展示致します。新たな試みや改良を繰り返す事で、さらなる展覧会の向上と表現の可能性を目指します。

 

いりや画廊 代表 中村 茂幸

 

 

赤沼 潔 

1983 東京藝術大学大学院鋳金専攻修了

東京藝術大学美術学部教授(工芸科鋳金)

日本鋳金家協会

 

大隅 秀雄  

1955 仙台生 

1982 東京藝術大学大学院鍛金専攻修了

東海大学非常勤講師

静岡文化芸術大学非常勤講師

 

小野田勝謙

1955 東京都生

2008 武蔵美術大学大学院彫刻科卒業

自由美術協会会員

 

内藤 友博  

1958 東京生

1986 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

行動美術協会会員 日本美術家連盟会員

女子美術大学非常勤講師

 

平戸 貢児

1958 千葉県生

1984 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

女子美術大学教授 環境芸術学会理事

 

藤田 政利  

1952 東京都生

1979 東京藝術大学大学院鍛金専攻修了

多摩美術大学 客員教授

 

森田太初

1977 東京都生 メキシコ、埼玉育ち

2006 東京都藝術大学大学院博士後期課程修了

      美術博士号取得

2017 東京都藝術大学美術学部彫刻科非常勤講師

 

北村真一(招待作家)

1945 東京都生まれ

1968武蔵野美術大学短工卒業

公益社団法人日本工芸会理事

金工部会会長 日本芸術文化塾理事

 

小山祥吾(招待作家)

1977 神奈川生まれ

2004 多摩美術大学大学院

    美術研究会修士課程工芸専攻修了

 

橋本夏夫(招待作家)

1953 東京生まれ

1983 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

山村学園短期大学教授

 

本郷芳哉(招待作家)

1982 埼玉県出身

2009 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

国画会彫刻部会員 日本美術家連盟会員     

東京藝術大学彫刻科非常勤講師