絹谷 幸太  展

2018年11月12日(月)〜12月1日(土)

 

11時30分〜19時30分(最終日16時まで)

レセプション11月16日(金)17時から

​日曜休廊

 雲根過影(うんこんかえい)」とは、石は宇宙の霊気を帯び、雲と石が有機的に繋がるという東洋哲学の思想です。彫刻家 絹谷幸太氏は、この思想を基に、人類が生きて行く上での答えは全て自然の中にあり、自然によって生み出された石は雲を通じて母なる宇宙に地球の現状を伝える役割を担っていると考えます。

 

自然に謙虚に向き合うことから自然を学び、理解する。「雲根過影(うんこんかえい)」から導かれ、石・雲・宇宙の繋がりを造形化することは、自身を含めた人類の次のステージへの繋がりを意図としています。

この想いから制作された氏の作品は登ったり、寝転がったり、匂いを嗅いだり様々な鑑賞方法が可能で、自身によって「創知彫刻」名付けられました。視覚による限られた鑑賞を超え、素材の内に秘められた神秘の宇宙を五感の全てを使って理解するその行為は、自然の中に何らかの答えを探すきっかけになるのではないでしょうか。

 

安定や平和、自国の発展、または慈愛の精神など、人類が生きて行く上での答えとも言える題材を表現した絹谷氏の作品の数々。幼少期より他国で生活した絹谷氏であるからこそ、その国や人々を理解するために習得した絹谷氏の自然との対話によって完成致しました。それらは自然に対する氏の畏敬の念であり、絹谷幸太氏が彫刻家という役割を担いながら人類の次へのステージへの何らかの足がかりとなればと考えています。今展覧会では大型作品を含めた新作を発表いたします。皆様のお越しをこころよりお待ちしております。

 

いりや画廊代表 中村 茂幸

 

 

 

絹谷幸太 略歴

1992年 学術研究・学術調査 アルタ遺跡/ノルウェー
1995年 ユニオン造形文化財団助成 チリ・イースター島巨大石彫文明の調査
     研究、第22回岩手町国際石彫シンポジウム招待
     JR東日本 上野駅「故郷の星」制作設置/東京都
1996年 日本大学芸術学部美術学科彫刻コース卒業、芸術学部長賞受賞
     ポルトガル石彫シンポジウム シンペトラ’96招待
1998年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了
     公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員1年派遣 研修地ドイツ
2002年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程彫刻専攻修了
     (博美第102号H14.3.25)東京藝術大学美術館作品買い上げ
     公益財団法人野村財団 新人美術家顕彰制度 野村賞受賞
2003年 文化庁新進芸術家海外留学制度1年派遣 研修地ブラジル
2004年 サンパウロ大学大学院(USP-ECA)post-doc修了
     日本中国文化交流協会使節団にて訪中 北京、南京、上海視察
2005年 財団法人清春白樺美術館奨学生
2008年 ブラジル日本移民百周年記念モニュメント制作設置/カルモ公園
2011年 成都現代美術館作品買い上げ/中国、フランス古美術調査研究旅行
2013年 海外学術調査 オーストラリア・シドニー大学、マッコーリ大学
               東京理科大学葛飾キャンパス モニュメント制作設置/東京都
2014年 海外学術交流 英国・オックスフォード大学、ケンブリッジ大学
     学術調査 白亜の壁(Chalk hills)、ストーンヘンジ、ナショナル・ギャ
     ラリー等視察
2015年 トヨタ鞍ヶ池記念館作品買い上げ/トヨタ自動車株式会社
     名古屋大学博物館作品買い上げ/名古屋大学
2016年 三紀商行株式会社本社作品買い上げ/ミキハウス
2017年 ベトナムAPEC記念公園モニュメント制作設置/ベトナム・ダナン市

個展
2002年 ギャラリー山口/東京都
2003年 三越本店/東京都、大丸四条烏丸店/京都府
2004年 サンパウロ市制450周年記念展覧会/サンパウロ市
2005年 松坂屋本店/愛知県、吉井画廊/東京都
2007年 三越本店/東京都
2008年 ブラジル日本移民百周年記念モニュメント除幕式/カルモ公園、
     ブラジル彫刻美術館/サンパウロ市、吉井画廊/東京都、
                茨城県庁/茨城県、笠間市役所/茨城県、大泉町文化むら/群馬県
2009年 財団法人清春白樺美術館/山梨県、三越本店/東京都
     吉井画廊サロン/東京都
2012年 パリ吉井画廊/フランス、三越本店/東京都
2014年 第19回名古屋大学博物館特別展「絹谷幸太・創知彫刻」/愛知県
2016年 「創知彫刻 絹谷幸太」日本橋三越本店/東京都
     いりや画廊/東京都
2017年 東京ガーデンテラス紀尾井町・いりや画廊/東京都
     吉井画廊/東京
2018年 NUKAGAGALLERY/東京都、大阪府
     いりや画廊/東京都

グループ展
1993年  二人展/練馬区立美術館区民ギャラリー/東京都
1994年  画廊薫・アートスペイス香/東京都、ミネブティック修学院/京都府
1996年  Joao Fragoso美術館/ポルトガル
2002年  博士後期課程研究発表展/東京藝術大学大学美術館
         トルコ地震被災者支援「こころのパン」プロジェクト/トルコ
2003年 「Art Jam」/ギャラリー山口/東京都、「立体7人展Ⅵ」ギャラリー 52/東京都
2004年  Secrtaria Municipal de Cultura,Fundacao de Arteb de Niteroi/
      リオデジャネイロ・ニテロイ文化会館/ブラジル
2006年  文化庁芸術家在外研修40周年記念展/国立新美術館/三越本店
2007年 「双穹の翼」絹谷幸二・幸太展/日動画廊本店/日動画廊名古屋店
2008年 「ヌーヴェル・エル」美術の今日展/三越本店
2010年 「Delight」絹谷幸太・悠展/ギャラリー・ラ・リューシュ/東京都
             「生命の輝き」絹谷幸太・悠展5R Hall&Gallery/愛知県
                  北京ビエンナーレ/中国
2011年 「絹谷幸太・悠展」/三越銀座店/東京都
                 成都ビエンナーレ/中国、飛鳥アートプロジェクト2011/奈良県
2013年   第五回柳瀬荘アート・教育プロジェクト・日本大学芸術学部/東京国
       立博物館柳瀬荘/埼玉県
2014年 「美の最前線・現代アートなら」/奈良県立美術館
2015年   朝日チャリティー美術展 第90回記念展/松屋銀座/東京都
     「新星展」〜輝ける二世〜/アートスペース・vision/東京都
2016年    東アジア文化都市交流事業「2016済州道アートフェア」/済州島/韓国
2017年      三越美術110周年 HOPES 次世代百選展/三越本店/東京都
2018年    第12回美術家連盟新会員奨励展/美術家会館/東京都