​ゼロ・ヒガシダ 展

2019年9月16日(月)から9月28日(土)

11時30分〜19時30分(最終日16時)

18時頃よりゼロ・ヒガシダによるオープニングヒトリゴト

国内外で様々な賞を受賞し、日本を代表する彫刻家の一人であるゼロ・ヒガシダは、「芸術とは宇宙と作家が繋がった時のエネルギー」であると語ります。そのエネルギーから生み出された作品タイトルの多くが、「INORI」や「INOCHI」である事からも伺えます。傷つきながらも立ち上がる不死身の勇者の様に見える特有のスタイルには、何億年もの時を繰り返す様々な生命の誕生に対する未来への希望と崇拝が込められています。

 

弊画廊で4回目となる今展では、1989年ニューヨーク渡米初期の作品、「INOCHIシリーズ」の核となる大型作品をはじめ、2005年に発表した全長6メートル×高さ3メートル、18枚組の作品(レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐をモデルにしたレリーフ)、そして2020年仁和寺で開催されるゼロ・ヒガシダ展の青写真となるエスキースやデッサンを、画廊壁面に初披露致します。


併行展である新制作展(国立新美術館で9月18日より開催される)には、仁和寺のお室桜を出品予定です。併せてご覧になり、ゼロの芸術の本質を感じて頂きたく、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

いりや画廊学芸員 園浦 眞佐子

 

 

ゼロ・ヒガシダ

 

個 展

1991    フィリップ・スティーブ・ギャラリー、ニューヨーク

 1994    コロス・ギャラリー、ニューヨーク

 1995    愛宕山画廊、東京

 1997    コロス・ギャラリー、ニューヨーク

 1999    現代彫刻センター、東京

 2003 ・2005    

ロバート・スティール・ギャラリー、ニューヨーク

 2007     galleryG  G-SELECTION , 広島

 2008    Shonandai MY Gallery  六本木 東京

 2010    ギャラリーTAO .広島

     コロス・ギャラリー、ニューヨーク

2014・2015・2017・2019    

いりや画廊.東京

2015    ギャラリーせいほう銀座 東京

2017    安芸高田市立八千代の丘美術館

2018    世界遺産宮島弥山大聖院

2020    世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺

 

受賞歴

2008  第10回KAJIMA彫刻コンクール。 金賞受賞

2011  第75回新制作展。         新作家賞

2012  第76回新制作展。        新作家賞

2013  第77回新制作展。        協会賞

2018  第15回KAJIMA彫刻コンクール。  特別賞