藤島 明範 個展 

 

2021年9月20日(月)から10月2日(土)

​11時30分〜19時30分(最終日16時)

藤島明範2021.jpg

2017年秋のいりや画廊での個展では、画廊のある東京で北極星を捉える機能を持つ作品をはじめ、黄道十二星座などの「星空」をモチーフにした展示をおこないました。ちょうどこの年は、北極星をモチーフにした作品が宇部ビエンナーレで展示されていたこととも重なり、北極星という遠い天体との交信を山口県と東京都で同時に行うという展示でした。
今回の個展でも、「星空」をモチーフに展示します。
2017年の個展発表後に私が移り住んだ二戸市は岩手県の最北端にあり、丘陵地帯の澄んだ空気は夜空の星々がよく見えます。その暮らしのなかでいっそう身近かになった「星空」を再びモチーフにした今回の展示は、私自身の在り様をみる機会であると思っています。なお、前回個展で好評だった「黄道十二星座」の石皿シリーズも製法をバージョンアップして再登場です。また、今年12月オープンする東京三田5丁目の「ザ・パークハウス三田ガーデン」に提供するモニュメント「星めぐり」のマケットの展示も予定しています。

いりや画廊学芸員 園浦眞佐子

藤島 明範 Akinori Fujishima

 

1978年 岩手大学教育学部特設美術科卒業
1990年 東京藝術大学大学院修士課程彫刻科終了

 

[賞歴]
1988年

- 茨城県芸術祭美術展覧会「特賞」受賞

 

2005年

- 桜の森彫刻コンクール「町民賞」/ 秋田県井川町

- 第26回UBEビエンナーレ(現代彫刻コンクール)入選

 

2017年

- 第27回UBEビエンナーレ(現代彫刻コンクール)宇部マテリアルズ賞

 

2019年

- 第28回UBEビエンナーレ(現代彫刻コンクール)入選

 

 

 

[パブリックコレクション]
1981年

- 「かひ―春宵」/ 秋田県北秋田市

 

1984年

- 「風の門」/ 秋田県北秋田市

 

1995年

- 「かひ―流星」/ 岩手県岩手町

 

2005年

- 「瞑想の部屋―北極星との交信」/ 秋田県井川町

 

2012年

- 「時空トンネル」/ 東京都東新宿 新宿イーストサイドスクエア

 

2019年

- 「北極星との交信Ⅴ」/ 広島市中区 hitoto広島the tower

 

 

 

[個展]
1982年

- 彩園子画廊/盛岡市

 

1996・1997年

- カフェ・トラッド/つくば市

 

2003年

- アートスペース あ・る・る/ 牛久市

 

2005年

- 紬カフェ壱の蔵/ 結城市

 

2012年

- 紀伊國屋画廊/ 東京新宿
- メタルアートミュージアム光の谷/ 印西市

 

2017年

- いりや画廊/ 東京北上野

 

2020年

- 水道ギャラリー/ 東京水道橋

 

 

 

[グループ展・団体展]
1977年

 

- 国展入選(以降2008年まで毎年出品)
1980年

- 盛岡彫刻シンポジウム/ 盛岡市

 

1987年

- 国展会友推挙

 

1988年

- 古山浩一・藤島明範二人展 茨城県つくば美術館/ つくば市

 

1995年

- 岩手町国際石彫シンポジウム/ 岩手県岩手町

 

1998年

- 国画会会員推挙

 

2001年

- つくば彫刻展 茨城県つくば美術館/ つくば市

 

2006/2008/2011/2013/2015年

- 雨引の里と彫刻    茨城県桜川市

2009年

- 国画会退会