姫野亜也 石彫刻展 

– 遠景 –

2021年11月29日(月)から12月11日(土)

​11時30分〜19時30分(最終日16時/日曜休廊)

姫野亜也2021.jpg

石彫家は自身の想いやイメージを表現します。それは同時に石の硬さと重量との戦いでもあります。制限のある素材と如何に向き合うかは作家によって様々ですが、姫野亜也はこの制限を、表層に残るノミ跡によって生まれる動き、またモチーフや本来あるはずの形の捨離によって、軽やかな流れを石で表現しています。

展覧会名である『遠景』とは、遠方の景色。遠くに見える景色。 画面の背景で、遠方となる部分という意味があります。そこに姫野は、移りゆく中で変わらないものや逆に不明確でありながも存在しているもの、そういったおぼろげながらも在る・・という考えを重ね合わせました。展示される作品はどこかで見たことのあるカタチとなっています。はじめはどこか遠い情景を感じさせるものの、姫野の造形で生み出された見覚えのある、記憶の片隅にあるようなカタチの作品は、それらの背景や在り方について立ち止まらせ緩やかに誘います。
黒御影石に埋め込まれた折り鶴が展覧会の中では見ることができます。それは埋め込まれているもののゆったりと流れ動きだしそうな様です。また折り鶴本来の直線的で端正な美しさではなく、緩やかに柔らかい印象を受けるように姫野は表層を一打一打仕上げます。大作を含めた新作を中心に展示致します。みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。
 

いりや画廊学芸員 園浦眞佐子

姫野 亜也 Aya Himeno

2012年 武蔵野美術大学 造形学部彫刻学科 卒業

2014年 武蔵野美術大学造形研究美術専攻長コース 修了

 

2013年

- 個展 隠沼/いりや画廊

- 第62回神宮式年遷宮奉賛 依代アートプロジェクト/岩清水八幡宮

 

2015年

- グループ展Stone and Women2/いりや画廊

- 個展 姫野亜也/いりや画廊

 

2018年

- 暮らしと表現の芸術祭フェットFUCHU TOKYO グループ展「犬と石斧」/府中

 

2020年

- 「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020」大賞

山本麻璃絵+姫野亜也《石斧をモチーフにした石斧の彫刻》/岐阜県美術館

- グループ展 <石の彫刻>展 - Stone carving -/いりや画廊

 

その他、グループ展、団体展参加