諸貫 きよ恵 展 - Soil -

2022年2月7日(月)から12日(土)

​11時30分〜19時30分(最終日16時)

諸貫きよ恵2022.jpg

金属彫刻家 諸貫きよ恵は、コークスで1000℃以上に赤めて鍛造した鉄を、ハンマーなどの道具を用いて形をつくります。”Soil”とは土や土壌という意味です。大地に育つ野菜は土からエネルギーを吸収することで成長し、そしてまた野菜のエネルギーが人類の生きるための大切な栄養として繋がっていく。大地から力強く育つ野菜の生命エネルギーは、それぞれの形や存在感から放出されると考える諸貫は、源としての「土」「大地」にも着目しつつ「野菜のエネルギー」をテーマに彫刻を制作しています。コークスの熱量エネルギー、繰り返し叩く諸貫自身のエネルギー、大地からエネルギーを吸い力強く育つ野菜のエネルギー、様々な生命エネルギーが相まって、新たなエネルギーが創出される様を視覚化致します。大作を含めた新作を中心に発表いたします。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

いりや画廊学芸員 園浦眞佐子

諸貫きよ恵 Kiyoe Moronuki

2009年

- 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科金工専攻卒業
- 武蔵野美術大学共通彫塑研究室教務補助員

 

2010年〜2015年

- 武蔵野美術大学共通彫塑研究室助手
 

2015年〜

- 武蔵野美術大学共通彫塑研究室非常勤講師

 

[個展]
2010年〜2013年・2015年

- 「諸貫きよ恵展」(トキ・アートスペース)
 

2012年

- 「諸貫きよ恵展」(小田原 すどう美術館)
 

2014年

- 「諸貫きよ恵展」(ギャラリーなつか)
 

2017年

- 「諸貫きよ恵展」(ギャラリーせいほう)

[グループ展]
2009年

- 「武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業制作展」(青山 スパイラルガーデン)
 

2010年〜2014年

- 「助手展 武蔵野美術大学助手研究発表」(武蔵野美術大学)
 

2011年

- 「第5回丹沢アートフェスティヴァル」(秦野 田中造形美術研究所)
- 「若き画家たちのメッセージ2011展」(小田原 すどう美術館)
- 「三鷹アーティスツネットワーク展Ⅲ」(三鷹 三鷹市美術ギャラリー)

 

2013年

- 「みたかの夢」(三鷹 ぎゃらりー由芽)
- 「清水綾子 森田緑 諸貫きよ恵 三人展」(恵比寿 ギャラリー其乃伍)

 

2016年〜2021年

- 「YEAR END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES (年末彫刻小品展)」(ギャラリーせいほう)
 

2020年

- 「今!彫刻展」(ギャラリーせいほう)