斎藤 あきひこ彫刻展

2022年10月31日(月)-11月12日(土)

​11時30分〜19時30分

[日曜休廊/最終日16時]

斎藤あきひこ2022

アメ横の立ち飲み屋での中村茂幸との会話。画廊をやろうと思う。???周りは反対するが純な芸術に関わりたい。応援するよ。画廊ができたら個展をするよ、と話したと思う。あれから10年。約束したと言う訳でもないけれど、やっと果たせる。彫刻作品と空間立体物はそれを取り巻く空間と一対一の力関係にある。彫刻作品を置く場合、その場の持つ意味は大きい。いりや画廊で斉藤の作品を展示するとしたら?長らくの宿題となった。横浜赤レンガ倉庫で展示する機会が何度かあるが、自然光が入る。建物がレンガ造り、等、彫刻を置くイメージが持ちやすい。斉藤が作るテラコッタの作品の場合、空気ほはらむ存在を考えたりするので、いりや画廊の閉鎖された空間がきつく感じられ、なかなかイメージ出来なかった。ようやくいりや画廊の場に置けそうな作品が難点か出来た気がする。今回の個展は、地面・大神(狼)・太陽をテラコッタで彫刻にしたものを展示します。

斎藤 あきひこ

斎藤 あきひこ AKIHIKO SAITO

 

1982年   東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
1984年   同大学院修了

[個展]
1986年   Gアートギャラリー / 銀座
1995年   ギャラリー和田 / 南青山
1996年   中央画廊 / 福島
2001年   ギャラリーユニバース / 新木場
2010年   yayギャラリー / 銀座

2011年   GGJ銀座ギャラリー女子美
2017年   万国橋ギャラリー / 横浜

 

[2人展]
2005・2007年    ギャラリー陶芸舎 / 銀座
2006年   万国橋ギャラリー / 横浜
2016年   小杉ギャラリー / 武蔵小杉
他グループ展等で発表

 

時のかたち展会員
焼き物造形クラブ(横浜)主宰
女子美術大学立体アート科非常勤講師