第4回いりやKOUBO結果発表

いりや大賞

大井真希

準大賞

森本諒子 千葉洸里

川野昌通

​原武典特別賞

入選

渡邉陽菜樹  先﨑瑠莉

山田千裕  竹迫界斗

寺本幸弥  八木史記

上岡ひとみ  高田文

巾崎知佳  山村榛菜

アツヤバクソク  大島紅葉

総 評

まず、最初に審査委員一同が感じていることは、今回のテーマ「共に育む」に取り組み、それを乗り越えて出展した若い作家の方々に対する敬意です。出展することが一番の意義であり、すでにそこに多くの得点を差し上げたいとの委員全員の思いでした。「共に育む」は彫刻家にとって大変難しいテーマであると彫刻家であり、審査委員の木戸修氏もおっしゃいました。その形を表現すること、文章にすることの整合性を見出せない作品も何点かありました。その点に関しては時間をかけて作り上げ、出展したにも関わらず大変残念な部分ではありますが、それでも一人一人の制作風景が浮かぶような作品の数々でした。審査委員が一人一人の作品を一緒に見て、意見を交わしました。とても有意義な時間を過ごさせていただいたこと、委員を代表し心よりお礼を申し上げます。2年後にまた作品出展でお目にかかれることを心より期待しております。

いりや画廊 代表 中村茂幸

いりや大賞

大井 真希

大井 真希

作品名 :「 Flowing Shape 」 素材:

作品コンセプト

​故郷の風土に宿る、風、舞、自然の脈動から創作のヒントを得た。作り手とかたちとは、常に共生関係にあると感じる。土という素材と長い時間をかけて対話し、交感しあう中で思いがけないかたちが生まれる。その尊い瞬間に出会いたくて、今日も土と向き合う。

審査員コメント

​大井真希氏の作品は、素材が陶でありながら試行錯誤を繰り返し、大きなスケール感を表現することに成功した完成度の高い作品であることが感じられました。その造形の面白さはもとより、作り手と形の共生という内向的なイメージが今回の「共に育む」にあっているところも高い点数を獲得した理由です。色彩に関しては多くの意見交換がなされましたが、色に対する新たな追求も含めて審査委員全員が今後の作品を楽しみにしております。

準大賞

森本諒子_03.jpg

森本 諒子

作品名 :「 proof 」 素材:黒御影石

作品コンセプト

​人は人に囲まれて過ごしている。そのような日常は多種多様な生き物の暮らしを違う世界のように感じさせる。壮大な自然の中で逞しく生きる動物の姿を人間には計り知れない長い年月を内包する石という素材で表すことで、同じ地球で同じ時間をたくさんの生き物と共に育んでいるという紛れもない事実を提示したいと考え、作品を制作した。

千葉 洸里

千葉 洸里

作品名 :「 redrawing line 」 素材:陶

作品コンセプト

​紙に描いたドローイングの線は私自身の運動の証そのものです。その線を土で形作ろうとすれば、私の手の運動に反応して、土という素材もまた運動を伴いながら形が出来上がっていきます。それは描いた線から発展した、私自身と素材との関係を確かめ合うことで育まれる新たな線の形です。

審査員コメント

​森本 諒子氏の作品はその美しい外皮とくり抜いた荒々しい内部の関係性に高い注目が集まりました。外部から内部へ導かれる危うさの中に何かしらの緊張感を審査委員一同が感じました。しかしその関係性や追求の有無に多くの意見が交わされました。彩色は不要であり素材の特徴のみの表現の方がシンプルで美しいとの感想でした。

審査員コメント

​千葉洸里氏の作品は形のユニークさとテーマ性の関係がわかりやすく、またそのドローイングのような造形に高い点数が入りました。その面白い造形から現在のサイズよりも大きな作品を見たいとの意見も多く出ていました。作品の一部である穴に関しては賛否両論がありましたが“ドローイング彫刻 ”という新たな言葉も生まれました。

​原武典特別賞

川野 昌通

川野 昌通

作品名 :「 痕跡 」 素材:鉄

作品コンセプト

​人の営みが織りなす連続的な変化が現在である。時代は人の営みが共に育むもの 。そこには確かに人がいた。重なりの中に浮かび上がる形は未来へのシグナル。(鉄板を中心から放射状に溶断。その溶断部分を折り返した鉄板を並べることで、鉄の重なり の中に形を浮かび上がらせる。)

審査員コメント

​川野 昌通氏の作品は、明らかに人間の形状を理解していないと制作が不可能な作品であります。その形状と発想に審査委員全員が興味を持ち、「未来へのシグナル」という言葉も相まって引き寄せられる作品であり、実物大のサイズを見てみたくなりました。しかし、今回のテーマと作品テーマの関係性が乏しいことが残念なポイントでした。

​入選

渡邉 陽菜樹
先﨑 瑠莉
山田 千裕

渡邉 陽菜樹

先﨑 瑠莉

山田 千裕

竹迫 界斗
寺本 幸弥
八木 史記

竹迫 界斗

寺本 幸弥

八木 史記

上岡 ひとみ
高田 文
巾崎知佳

上岡 ひとみ

高田 文

巾崎 知佳 

山村 榛菜

山村 榛菜

アツヤ バクソク

アツヤ バクソク

大島 紅葉

大島 紅葉