人見 崇子 展


開催日時: 2018年9月25日 〜11月9日 

時間:12:00 〜 20:00

スタッフ在廊時間:12:00〜17:00

入場無料
開催会場:東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー2F オフィスエントランス 

〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町1-3

主催:株式会社西武プロバティーズ 

総合企画: いりや画廊

 人見崇子氏は「植物の小宇宙」をテーマにしています。日常生活で、何気なく目にとまる様々な植物をモチーフとして木を素材に表現します。

「植物の小宇宙」とは、「いかに誕生し、なぜ存在するのか」という問いかけが根底にあります。植物に生命体を感じとり、世界観を創り出しています。

大地から芽を出し、開花期を迎えた後、次の繁栄のために種を飛ばす。種は新たな場所へと到達し、環境に適応することで生殖範囲を拡げます。天候や風向きの手助けにより新たな場所へ辿りつく種。新たな居場所に適応する、柔軟かつ自由で軽快なイメージを生み出します。また反対に、束縛から解放された未開の地へ旅立つ挑戦者の様な力強さも秘めています。植物の生命力。その進化し続ける独特の繁栄方法に人見氏は強く惹かれると語ります。

今展の作品「-飛ぶたね-」は花の茎をモチーフにした長くシッポのような作品です。面の構成が形態として出現することで、人見氏は地面に対し、ささやかな適応や抵抗を表現しています。具現化することにより、植物の存在を小宇宙へと誘うようです。

2014年以来、弊画廊では2度目の個展です。展覧会名でもある「飛ぶたね」とは、作家 人見氏自身と作品が束縛から解放された未開の地へ旅立つという意味も含めて、つけられた題名なのではないでしょうか

 

 

 

 

人見 崇子 (TAKAKO HITOMI)

日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻修了 

新制作協会会員

日本美術家連盟会員

 

個展

1998ときわ画廊(東京・神田)

2005・'07・'11ギャラリーなつかb.p(東京・銀座) 

2009ギャラリーなつか(東京・銀座) 

2014いりや画廊(東京・入谷)

2017いりや画廊(東京・入谷)

グループ展

1989 - '91「アート・スペースYou」(東京・池袋)

1993「所沢市民文化フェアー野外彫刻展」(埼玉県・所沢航空公記念園)

1994 - '97・2000 - '17「新制作展」(東京都美術館・国立新美術館)

1997・'98「ふれる彫刻展」(神奈川県立 生命の星 地球博物館)

2001 -'03「ふれる彫刻展」(神奈川県・曽我梅林)

2000「現代美術小品展」(銀座・key gallery /青華画廊)

2001「野外アートinはむら」(羽村市郷土博物館)

2004「日本大学彫刻奨学生の現在展」(東京・江古田)

2006「昭島リレー美術展2006」(昭島市役所ロビー)

2007「Petit SOL展♯2」

2008「彫刻二人展」(銀座・SOL画廊)

2009「 ROUND 2009」

2010「植物区三人展」(銀座・なつかb.p)

2011「第74回新制作展 受賞作家展」(銀座・ギャラリーせいほう)

2012「第75回新制作展 受賞作家展」(銀座・ギャラリーせいほう)

2015 彫刻奨学生の現在展(山梨県立美術館)

2015 WORKS-11人の仕事(平塚市美術館)

2018  第12回美術家連盟新会員奨励展(銀座・美術家会館)

2018  「世界のたね~自然の中に真理がある~」(東海大学歴史と未来の博物館)松前記念館

パーマネントコレクション

(株)スタンレー電気蓼科保養所(長野)

東京カーデンテラス紀尾井町
Tokyo Garden Terrace Kioicyo
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1−2 他
TEL: 03-3288-5500

東京メトロ「永田町駅」 9a出口直結

半蔵門線ご利用の方: 
渋谷方面で降車:紀尾井町口(改札)から7番出口へ
押上方面で降車:平河町口(改札)から5番出口方面 ⇒ 都道府県会館地下通路(※) ⇒ 9a出口方面へ

有楽町線をご利用の方: 
和光市方面で降車:平河町口(改札)から5番出口方面 ⇒ 都道府県会館地下通路(※) ⇒ 9a出口方面へ

南北線をご利用の方: 
赤羽岩淵方面で降車:諏訪坂口(改札)から9a出口方面へ

※都道府県会館地下通路の通行可能時間は、6:00~23:00 となります。

東京メトロ「赤坂見附駅」 徒歩1分

銀座線・丸の内線をご利用の方: 
赤坂口(改札)
からB・C・D出口方面 ⇒ 赤坂地下歩道 ⇒ D出口方面へ

http://www.tgt-kioicho.jp