五十嵐 威暢 展

日時:

2019年11月1日 - 12月25日 *日曜休 

開廊時間:11:00〜18:00

会場:

東京ガーデンテラス紀尾井町

紀尾井タワー2F オフィスエントランス 

(〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町1-3)

*東京メトロ永田町9a出口直結

*赤坂見附駅徒歩1分

http://www.tgt-kioicho.jp/event/

入場無料
 

主催:株式会社西武プロパティーズ 

総合企画:いりや画廊

テラコッタの粘土は、かなり硬い。彫るか、削るか、叩きつけるしかない。
つくることは破壊することと表裏一体。即興でつくるから、直前まで具体的にならず、強いて言えば方針があり、それに見合う土の塊があるだけ。
足元がふらつくようなマイナス要因でさえ道具となり、何もかもを総動員。
さらにスピード感が大切で体力任せだから後ろを見る余裕はない。
先を見る力が偶然を形と表情にしていくだけである。

五十嵐 威暢

 

 

■五十嵐 威暢

グラフィック・プロダクトデザイナーとして活動し世界的な評価を受けた後、1994年、彫刻家に転身。北海道新十津川町の自身のアトリエ兼ギャラリー「かぜのび」や滋賀県の信楽などで、木、テラコッタ、金属、石、ステンドグラスなど、様々な素材を用いて数多くのパブリックアートの作品を制作。
北海道新十津川町応援大使、多摩美術大学名誉教授。